一歩前へ

ずいぶんとブログの更新が滞ってしまいました。
この1か月近く一人でせっせと動いていたプロジェクト(?)がありまして、以下その事を書かせてもらいます。

フィンランドに移住してから、この地で自分がやりたいことって何だろう…とずっと考えていたのですが、息子が先月からKerho(プレスクールに上がるまでの子供が集まって遊ぶ場所)に週2回午前中だけ通い始めた事もあり、少しだけ前に進んでみることにしました。

ilomantsi.jpg

以前からフィンランドはじめ北欧のアンティーク食器や雑貨に興味があり、現地に住み始めたこともあり自分で探し求めて日常的にも使うようになり、その延長線上にいつか日本へ向けてお店を開いてみるのもいいかも、と思っていました。3.11が起こるまでは…。

震災後、故郷福島の現状を目の当たりにし、そこに住んでいた家族の暮らしも変化をせざる得なくなり、私の小さな希望などほとんど全てが根底から変わってしまいました。
それまでの考えがとても虚しく、意味のない事に思えて仕方ありませんでした。
あり余る程すでに充分物質的には豊かな日本へ向けて、今ショップを開くことの意味はあるのか?本当の豊かさとは何なのか?ということを何度も自問自答しました。

ilomantsi02.jpg

そんな時思い浮かんだのは、私が移住前まだ旅行者としてフィンランドに惹かれ何度も訪れるきっかけとなった北カレリア地方でした。
その地ではじめてフィンランドの手仕事に触れ、温かな魅力を感じた事を思い出し、フィンランドのハンドクラフトも少しづつ紹介していけたら、という新たな目標が見えてきました。

使い捨てではない、時を経て長い間使いこまれてゆくもの、人の手で時間をかけて一つ一つ丁寧に作りあげられたものたちを、手にとって作り手の思いを感じてほしい…そんな思いをこめて、北カレリア地方に昔から伝わる手刺繍をほどこしたリネンのハンドタオルの名前を店名にしてショップをオープンしました。

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店『Käspaikka -カスパイッカ- 』をどうぞよろしくお願いします!

kaspaikka_blog_bn.gif


お店を開くにあたり、自分に少しでも出来る事として、子ども達を放射線被爆から守るために『Save children from radiation』というコーナーを設けました。
3.11の震災時に起きた東京電力福島第一原発事故により、今なお被爆にさらされている子ども達とご家族のために、放射能測定器を購入し運営しているプロジェクトへ継続して支援を続けていきます。
こちらのコーナーもぜひのぞいて見てください。

2011.11.23 | プロフィール

こんにちは赤ちゃん

大変長らくご無沙汰してました。
いやはやフィンランドはもうすっかり涼しい秋というか、もうすぐ冬のはじまりな感じです。
今日のタイトルを見て「猫が増えたの?」と思った方、「もしかして…」と思った方もいるかと思いますが…。

saimme.jpg

実は、9月11日に男の子を出産しました。
生まれた時の体重3835g、身長53cmもある大きな子でした。
2人と1匹から3人と1匹となり新しい暮らしが始まり、ようやく最近は少しだけ落ち着いてまたこうしてブログを再開してみました。

フィンランドへ移住し、たった2ヶ月後の入籍直後に妊娠がわかったのですが、フィンランド語も片言、英語も話せない私に言葉の壁は厚く、病院や保健センターでの検査や診察を受ける際も毎回旦那さんに付き添ってもらわないとさっぱり話が分からない状況の中で、当初はフィンランドで出産するという事が不安になったり、高齢初産ということで心配な面もあり、無事に生まれてからブログではご報告をと思っていました。

私達夫婦は年齢的なこともあり産むなら早めに子供は欲しいねと結婚前から話していましたが、妊娠の兆候が見られた際も、こちらではかなり週数が経ってからでないと初診をしないため、期待してもし違っていたら私が酷く落ち込んでしまうのではないかと心配した旦那さんは、子供がいてもいなくても楽しく暮らせるのだからと言ってくれていました。
私自身はこれまで絶対に子供が欲しいと思っていたわけでもないのですが、タイムリミットが近づくにつれ、これが最後のチャンスなのでは…という気持ちが強くなっていたので、この歳で子供を授かれたということに改めて巡りあわせの不思議さを感じずにはいられません。
私がフィンランドへ来るまで息子は待っていてくれたのかもしれない、とも思いました。

saimme02.jpg

いろいろ心配したわりには妊娠中の経過も順調で、出産自体も病院に到着して8時間程で出産と安産で、最後の方だけ私の体にくらべて息子の体が大きすぎて出て来るのに難儀しましたが、無事通常分娩で産まれてくれました。
妊娠中つわりの酷い時期、言葉が通じず孤独感に襲われた時など、日本の友人達からの便りや小包には涙が出るほど励まされ癒されました。いつも応援してくれて本当にありがとう。旦那さんをはじめ、まわりで支えてくれた方々に感謝の気持ちで一杯です。
そしてブログを通じてのコメントもとても励みになっていました。この拙いブログを読んでくれている皆様ありがとうございます。
まだ先のことですが、息子には日本人の極め細やかな心使いや情の深さ、日本語や日本文化の素晴らしさも知って欲しいと思っています。

これからは子育てを通じてまた新しい世界を体験をしたり、息子とのかけがえのない時間も大切にしてゆきたいと思いますので、更新はしばらくの間のんびりペースになると思いますが、またよろしくお願いします。

フィンランドへ来てから落ち込むことも多々ありましたが、この地で新しい命を授かり、今まで高い税金を納めて来たわけでもない私のような移住者へも、出産や育児に至るまで平等に福祉国家の恩恵を与えてくれるこの国の懐の深さを改めて感じ、いろいろな方々との出会いもあり、やはりこの世界は美しいと思える日々です。
妊娠中に何度も聞いていたAstor Piazzollaの「tanti anni prima 」
チェロの調べにのせて皆様にも。

maco



2009.09.30 | Comments(86) | プロフィール

結婚しました

昨日、結婚いたしました。ええ、そうです。私達まだ入籍してませんでした。

vihikiminen.jpg

私達はMaistraattiという市役所のような所で証人立ち会いのもと誓いをたて挙式という簡単な形をとりました。
姓も同じになり夫婦になったんだなぁという実感が少しだけわいてきました。
ちなみにこちらでは夫婦別姓もセカンドネームも認められているので自分で選ぶことができます。

思えば超遠距離交際の中、彼のパスポートはあっという間に日本への入国スタンプでいっぱいになり、彼が2年間で日本へ会いに来てくれた数は6回。私も年に1回はフィンランドへ行っていたので、超遠距離でも2、3ヶ月に1回くらいは会えていたわけで、彼のがんばりには本当に感謝しています。

同い年の私と彼は、いわゆるアラフォーと呼ばれる世代。お互い今までかなり長い年月を自分の好きなように、たぶん自分のためだけに生きてきたと思うので、もし彼に出会わなかったら私はあのままずーっとシングルだったかもなぁと今でも思う。
そして、それならそれも自分の運命なのかも…とあきらめの境地に入りかかっていた頃、彼に出会ったわけです。
いやぁ本当に人生なにが起こるかわからないものですね(笑)
正直もっとずっと若い時に出会えてたら、と思わないわけでもないけれど、彼に出会うまで結婚を本気で考えたことは一度もなかった私。お互いそれなりに人生経験を積んで、このタイミングで出会えたからこうなれたのかもな、とも思います。

フィンランドの古くからの言い伝え(?)で、結婚後、最初に家へ入る時は二人一緒に入ると末永く幸せになれる、というのがあるようで、うりゃ~!と彼に抱きかかえてもらい、狭い玄関から無理矢理二人で入りました(笑)


そんなわけで無事入籍したのですが、その後、私達は予想外の事件に見舞われることに…。



【“結婚しました”の続きを読む】

2009.01.15 | Comments(72) | プロフィール

こんにちはヘルシンキ!

無事に2人と1匹はフィンランドはヘルシンキへ到着しました!
降り立ったヴァンター国際空港は数日前から降り積もった雪のおかげで辺り一面真っ白の世界。色とりどりに照らされた滑走路の灯りがちょっと幻想的な雰囲気でした。
到着時刻が少し遅れて夕方17時くらいだったのですが、もうすっかり夜という感じ。
私は冬のフィンランドは初めてで、他の季節とはまったく違うひっそりとした街の様子なのでした。雪の夜ってこんな感じだったなぁと自分の生まれ育った東北の町を少し思い出しました。

mame_up.jpg

猫連れでの搭乗は今回が初めてだったので、かなり内心ドキドキでしたが、出発当日の朝マメはあんなにイヤがっていたキャリーバッグへも諦めたのかすんなり入り、飲まず食わずの長時間の移動でも一言も鳴かずビックリする程大人しくしてくれて(たぶん極度の緊張と恐怖のため…)飛行機の中でも猫がいるとはほとんど誰も気づかなかった程。
彼が再来日してくれたおかげで一緒に日本から旅立つことができ、空港での動物検疫も安心して終えることができたし、大荷物を持っての移動でも大変助かりました。

動物検疫については、日本から出国するまでの準備がちょっと大変なだけで、フィンランド入国に関しては、あっさりOKでした。もしものために狂犬病ワクチンの抗体検査もして行きましたが、よっぽどの事がない限りもうマメは日本へ帰ることはないでしょうね…。
新居へ着いてからは予想通りのへっぴり腰で部屋の中をほふく前進した後、台所の流しの下の隙間に隠れたまま長時間出てきませんでしたが(苦笑)
夜には一緒にベッドに入って眠りました。そしてそのまま丸2日も出てきませんでしたが、やっと今日ご飯を食べてくれてホッと一安心。


【“こんにちはヘルシンキ!”の続きを読む】

2008.11.28 | Comments(18) | プロフィール

はじまり、はじまり

2008年11月に黒猫マメ (♀)と共にフィンランドへ移住しました。
ヘルシンキ在住。

~私について~
 趣味:切手蒐集
    写真/使用カメラ:CANON EOS 70D, CANON EOS Kiss X2
       使用レンズ:CANON EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM
             CANON EF50mm F1.4 USM, CANON EF50mm F1.8 II
             CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
             TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
       使用ソフト:Adobe Photoshop CS6 for Macintosh

 好きなもの:キノコ、ベリー、猫、アンティーク着物、映画

 フィンランド語:日本で5年半習っていましたが、まだまだです。(特に会話が…)
         二人の間では、フィンランド語 85%・日本語10%・英単語5%くらい

 これまで:東京で長年Webデザインの仕事をしていました。
 これから:こちらでもデザインや創作に関わることがしたいと思っています。

 これまでの日本での日々についてはこちらからどうぞ

2008.11.26 | プロフィール

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ