FC2ブログ

ダーラフローダ

ダーラナ地方に旅することがあったら、訪れてみたいと思っていたダーラフローダ村にあるプチホテル「Dala-Floda Värdshus」。念願叶って、今回泊まることができた。

dalafloda_01.jpg
ホテルの敷地内にはコテージが何棟か点在していて、食事は母屋にあるダイニングルームで食べる。

dalafloda_02.jpg
私たちが今回宿泊したファミリールームは離れにあり、その名も「フローダ」という名前の部屋で、民族博物館などで見かけるようなダーラナ地方で昔使われていた箱型の木製二段ベッドが2台移築されていて、伝統的な織物で作られたカーテン付きなのも雰囲気満天。

dalafloda_03.jpg
宿の中はあちこちにスウェーデンの古民芸、クールビッツ模様が描かれた家具、伝統的な手織物のタペストリーなどが置かれていて、北欧の手工芸やアンティークに興味がある人はかなりテンションが上がると思う。宿は近代的なホテルというよりも、古民家の宿という感じだ。

dalafloda_05.jpg
宿泊は朝食付きで、希望すればディナーも予約出来る。私たちは2晩とも予約した。スウェーデンで初めてオーガニック認定されたホテルらしく、地産の食材を使った料理は素朴だけれど滋味溢れ美味しかった。

dalafloda_09.jpg
朝食も手作りグラローラや北欧ではお馴染みの何種類かのヨーグルトやベリー類、パン、サラダなどの他に、養蜂までやっているらしく巣箱から取ってきた巣枠ごとテーブルに置かれていて、お皿に溜まっていた蜂蜜をスプーンですくってハーブティーに入れて飲んてみたら、あー美味しい!こういう演出もとても素敵だ。

dalafloda_04.jpg
オーナーのマダムが手作りしたドライフラワーを輪っかにぐるりと飾って吊り下げた燭台もとっても素敵で、自分でも作ってみたくなった。

dalafloda_08.jpg
丹精込めたホテルの庭もターシャの庭みたいで、手を入れすぎない野花のままの感じがとっても好み。リンゴの花の甘い匂いに誘われて散歩していると、猫が。ダイニングルームでディナーを待っている時にふと窓の外を見ると、猫のための外階段が取り付けてあり、猫が屋根からトコトコ降りて来た。ホテルのマスコットのように可愛がられているようだった。

dalafloda_07.jpg
周りは湖と森だけでとても静かで落ち着く。
この辺りの家はみなファールンレッドの赤い木造の家で統一されていて、景色も美しい。
フィンランドに移住する前は毎年のように訪れていた、北カレリアの村をふと思い出し、もう何年も訪れていないな…と思った。カレリア地方はフィンランド人の原風景とよく言われているけれど、ダーラナ地方もスウェーデン人の心の故郷と言われているのがよく分かる気がした。

dalafloda_06.jpg


【“ダーラフローダ”の続きを読む】

2019.07.25 | スウェーデン

カール・ラーション・ゴーデン

今年の夏の旅は、6年ぶりにスウェーデンへ。車ごとフェリーに乗船して、ストックホルムから北西にひた走り、ずっと行ってみたかったダーラナ地方へ。

calg01.jpg
まずはじめに行ったのは、SundbornにあるCarl Larsson-gården(カール・ラーション・ゴーデン)。スウェーデンを代表する画家Carl Larssonのアトリエ兼住居が今も残されている。

calg02.jpg
邸内は撮影禁止のため、あとから写真で見ることが出来ないのは残念だけれど、この旅に出る前に偶然にもフィンランドの蚤の市でCarl Larssonの邸宅や子供たちを描いた絵本のフィンランド語版を古本で見つけていたので、それを後から眺めて余韻に浸っている。邸宅内を見るにはガイドツアーに必ず参加する必要があり、スウェーデン語での解説は言ってることがほとんど分からなかったので、先に見つけたフィンランド語版の絵本はかなり役にたった。

calg03.jpg
夫人のカーリンが手がけたというインテリアは、窓に嵌められたステンドグラスやランプ、自らデザインした椅子やテーブルなどの家具に至るまで、素朴な美しさの中に独創性もあり、とても素敵だった。

calg05.jpg
中でも手作りの刺繍たっぷりのクッションや手織り物、家具などにも描かれていたダーラナの伝統的な植物模様Kurbits(クールビッツ)が陶器製暖炉の表面のタイル一つ一つにもびっしりとハンドペイントで描かれていたりする所は、元はカーリンも夫と同じ画家だっただけあり、暮らしに根ざしたアートとクラフトにその才能が開花したようだった。

calg06_20190723015650362.jpg
いくつも小さな部屋がある昔の邸宅なのだけど、居間から窓辺に続く部屋は一段敷居を高くして変化をつけていたり、中には隠し部屋のような場所や来客の様子を二階から見下ろせる覗き窓があったりと、ちょっとしたカラクリ屋敷?のような作りも面白かった。各部屋のドアに子供達一人一人の肖像画が描かれていて、家族愛を感じた。
窓辺には植物の鉢が並び、織り機には織りかけのラグが掛かったままになっていて、今さっきまでそこで暮らしていたような気配が残してあり、当時のままに保存されている展示の仕方も素晴らしかった。

calg04.jpg
カール・ラーションは日本の美術にも大変関心が高かったようで、書斎には浮世絵や小さな観音菩薩の像が飾られていたのも印象深かった。19世紀頃なのに日本へ行ったことがあるのかと思ったら、以前留学していたパリから様々な東洋の骨董品などを取り寄せていたらしい。最後にまわったアトリエだけは、さすがに画家らしく邸内の中でもかなりの広さを占める大きな部屋で、イーゼルに掛けられたままの絵や壁一面の大きな作品は大迫力だった。

calg07.jpg
邸宅の周りの風景も昔とほとんど変わっていないのではないだろうかという感じで、ダーラナ地方特有のファールンレッドと呼ばれる銅を含んだ塗料で塗られた赤い壁の可愛らしい家と長閑な景色が広がっていた。

calg08.jpg

2019.07.23 | スウェーデン

ルイジアナ近代美術館

今回のデンマークの旅で私が一番行きたかった所は、コペンハーゲンの中央駅から電車で40分位の郊外にあるルイジアナ近代美術館。

lousiana00.jpg
こじんまりとした入り口からは想像がつかない程、館内は渡り廊下で奥まで繋がっており庭園が広がっていた。オーレンス海峡を臨む見晴らしのよい美術館は、アレクサンダー・カルダーの動くモビールオブジェが存在感を放っている。

lousiana01.jpg
lousiana02.jpg
緑いっぱいの庭園内には、自然の中に溶け込むようにヘンリー・ムーアの彫像作品などが点在していて、館内には所々にドアがあり屋内と屋外は自由に出入り出来るオープンな作りで、順路など気にせずに自由自在に展示物を見ることが出来る。

lousiana09.jpg
庭園を背景にしたジャコメッティの彫刻も、一枚の絵画のように美しい。

lousiana10.jpg
lousiana03.jpg
lousiana08.jpg
展示作品は多岐に渡り、絵画、彫刻、映像などかなり膨大で全てを見るのにたっぷり時間がかかるのだけど、抽象的な現代アートやインスタレーション作品は、子供も楽しんでいて、美術館だとすぐに飽きてしまうかも…という心配はいらなかったようだ。


lousiana05.jpg
lousiana06.jpg
lousiana07.jpg
野外には巨大なピラミッドのようなオブジェもあり、子供達は登ったり降りたり走り回ったり、裏手は森に囲まれていて、長い滑り台で遊べたり、昔からそこにあったような朽ちた大木で作られた橋の作品など、自然丸ごと展示物といった印象で、思っていた以上にスケールの大きな美術館だった。

lousiana04.jpg
小高い丘の上ではピクニックを楽しむ家族連れも多く、人々の憩いの場としても親しまれているようだった。
こちらの美術館は、予想以上に素晴らしかったので、ぜひまた再び訪れてみたいと思った。

駅から美術館周辺は家々が立ち並ぶ住宅地で、歩く道すがら、よく手入れのゆき届いた庭や伝統的な家屋を見るのも楽しかった。デンマークの一軒家はフィンランドとはかなり異なっていて、一階部分まで覆うような三角屋根に出窓がついていて、半地下部分に玄関があるような作りだったり、煉瓦作りが多く日本の茅葺きに似た屋根のある古い家屋も風情があった。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2016.07.24 | デンマーク

レゴランド デンマークへ

長い夏休みはすでに終盤へ。かねてから冬馬が行きたがっていた、デンマークのレゴランドへ行って来た。
レゴランドのあるBillund(ビルン)は、フィンランドから直行便も飛んでいるけれど、今回は丁度いい時間のフライトが取れなかったので、コペンハーゲンから鉄道とバスを乗継いで、片道約3時間、往復6時間かけ日帰りという弾丸ツアーで訪れた。

legoland00.jpg
天気はあまり良くなく時々雨もパラついたものの、けっこうな人出で、ゲートについた瞬間からテンションが上がる冬馬。レゴランド内は、ほぼ全てがレゴで出来ていて圧巻だった。お伽噺に出て来るようなカラフルで可愛らしいミニチュアの街の模型は、ずっと眺めていても飽きない。

legoland02.jpg
legoland03.jpg
legoland10.jpg
冬馬はやはりスターウォーズの模型に釘付け。

legoland04.jpg

アトラクションも結構充実していて、園内にある映画館で3Dムービーを見たり、河下りやインディアンの砂金探しなどなど、大人も童心にかえって楽しめる内容だった。

legoland09.jpg
legoland07.jpg
最後はこれもずっと楽しみにしていた、レゴショップへ。何しろ広いのでどれを選ぶか興奮気味だったけれど、フィンランドで売られていないものを本人が選んだ。フィンランドに帰ってから開ける約束だったので、箱を何度も眺めては、ホテルに戻って眠る時も抱えて眠っていた(笑)。

約5時間程の滞在で、また3時間かけてコペンハーゲンに戻ったけれど、それでも目一杯楽しめて、冬馬も満足したよう。たぶん来年になると、レゴへの興味もだいぶ薄れて来そうな気配がすでにあったので、今行けて良かったと思う。


2016.07.23 | デンマーク

森の中の民芸市 2014

今年もリガで行われた森の中の民芸市へ行って来ました。
晴れているけれど暑すぎもせず、ちょうどよい天気に恵まれ、昨年にも増して沢山の人出でした。
民芸市が広く国外にも知られるようになるにつれ、年々訪問者の数も増えているようです。

morimin01.jpg

森の中を歩いて行くと民族衣装を身につけた子ども達がダンスをしていました。
花冠をつけた女の子も可愛いけれど、男の子の民族衣装も素敵。いつもラトヴィアへ来ると民族衣装好きの血が騒ぎます(笑)。どの衣装も美しく見ごたえがあります。

morimin03.jpg

今年もお店のための買付けがメインの旅でしたが、ちょうど友人家族もリガへ行くということで一緒に民芸市へ行き、二人とも手工芸や民族衣装好きなので盛り上がりました。
いつも通りミトンを中心に見てまわったけれど、白樺の手工芸品も今年はよく目について、ビーズ織りの素敵なアクセサリーも見つけたりと新たな発見もありました。

morimin02.jpg

morimin04.jpg

若手の作家さんも、ラトヴィアの伝統的な模様やデザインなどを大切にしているところが、民族の文化に対する誇りのようなものが感じられます。フィンランドでは忘れ去られつつある、伝統文化を大切に伝えてゆこうという気風のようなものも、私がラトヴィアに強く惹かれる理由なのだと思います。

昨年は見かけなくて残念に思ったボビンレースのおばあちゃんも今年は来ていて、ほっとして嬉しくなったり。3回目ともなると、だんだんお気に入りの工房や製作者の方もいるようになり、そこを目指して歩いたりもします。
しかし毎回思うけれど、出店数と規模が大きすぎて時間が足りない…。もっとじっくりみたいけれど、早足で次々見ても3、4時間あっと言う間。また同じお店に戻るのも大変だし売れてしまっている事も多いので、いいと思ったら即決で手に入れるという感じ。

morimin05.jpg

morimin06.jpg

親が夢中で民芸市を見ている間、子ども達は野外博物館の中にある木製の遊具などがある広場で遊んでくれていました。弓をひいている子や馬にのっている子がいたりと、素朴なラトヴィアの風景も来るたびにいつも心に残ります。

2014.06.12 | Comments(9) | ラトヴィア

マルメ散策

コペンハーゲンから列車でオーレスン海峡を渡って30分位で行けるスウェーデン・Malmöにも行ってみました。車窓から見える海上には風力発電の風車がたくさんまわっていたのが印象的。デンマークの風力発電のシェアは世界一だそうです。

mal01.jpg

マルメは昔はデンマーク領だったこともあるそうで、古い街並が残されていて素敵です。でもコペンハーゲンとはまた雰囲気が違っていて面白い。

mal04.jpg

mal05.jpg

ここでもフリーマーケットやアンティーク屋さん巡り。
街中で在住日本人の方に出会い、親切にお店を案内してもらって大助かり。
フィンランドにもあるチェーンのセカンドハンドのお店もあったりして、なんとなく親近感。
それでも置いてある物は少し違っていて、フィンランドではそんなに見かけないスウェーデンのヴィンテージ陶器が沢山あって楽しめました。
インテリアやデザイン系の洒落たお店が集まったエリアもあり、もう少し時間があったらじっくり見たかったのですが…。

mal02.jpg

mal03.jpg

デンマークにくらべて物価が安いらしく、国境を超えて気軽に買い物に来る人も多いそう。
昔はスウェーデン側からデンマークへ買い物に行く人が多かったそうですが。

mal06.jpg

日帰りということもあり駆け足での散策でしたが、マルメは近代的な部分と古い歴史が混ぜ合わされたような雰囲気でした。

malmo07.jpg


2013.08.08 | スウェーデン

チボリの夕べ

息子の希望もあり、コペンハーゲン滞在中はチボリ公園へも行って来ました。
北欧は白夜の季節ということもあり、夏はかなり夜遅くまで開いているチボリ公園。
私達も入園したのはすでに7時頃、しかしまだまだ明るい北欧の夏の夜。徐々に日が暮れて照明が灯ってゆく風景も素敵でした。

tivo01.jpg

世界最古の遊園地と言われるチボリ公園は、子供連れはもちろん多いのですが、初老のカップルなど大人同士という人々もよく見かけました。大人も寛げるようなシックな雰囲気のレストランやバーなども園内にあり、子供だけでなく大人も楽しんでいる姿が印象的でした。

tivo02.jpg

よく手入れの行き届いた庭園も美しく、咲き乱れる花々がきれい。庭を眺めるために来ている人たちもいるようでした。建物も作り物っぽさがなくクラシックで歴史の長さを感じました。

tivo03.jpg

息子が入りたがったので、海賊船のレストランで夕食をとりました。

tivo04.jpg

レストラン内には子供のためのパイレーツの衣装やおもちゃの剣やピストルが宝箱の中にあり、海賊になりきっている子供達の姿が面白い。しかし冬馬はコスプレは嫌がり(苦笑)それでもおもちゃのピストルを何丁も抱えて、知らない子供と海賊ごっこをして熱心に遊んでいました。

tivo05.jpg

他にはお父さんとボートやクラシックカーの乗り物にのったり、最後は全員で観覧車へ。
私はちと高所恐怖症の気があるので、いつ終わるのー!と内心思う程何度もグルングルンとかなりのスピードをつけて回るので結構怖かったのですが、夫と冬馬はまったく平気だった模様。


【“チボリの夕べ”の続きを読む】

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2013.08.05 | デンマーク

コペンハーゲン街巡り

cope01.jpg

デンマークはコペンハーゲンへ行って来ました。
滞在中は連日良い天気で気温もかなり上がり、ヘルシンキを出発した時は肌寒い位だったのにノースリーブでも汗が滲んで来るような暑さでした。

cope02.jpg

コペンハーゲンは、街の規模からするとヘルシンキとそんなに変わらない気もするのですが、観光シーズンのせいか街中とても人が多い。
そして自転車に乗っている人も多い。メトロ周辺の自転車置き場などまるで東京みたい…。
Nyhavnに行ってみると、運河沿いにびっしりと隙間なく人々が座っていてビックリ(笑)。フィンランド人だったら他人同士でこんなに密着して座るなんてあり得ません(笑)。
同じ港町でもヘルシンキとはかなり雰囲気が違うところも面白かったです。

cope03.jpg

cope04.jpg

色とりどりのお伽噺に出て来るような可愛らしい古びた建物も多く、アンデルセンの国~というイメージが頭に浮かびます。ヘルシンキにはないテイスト(笑)。
赤い地に白十字のデンマーク国旗の色合いも街の雰囲気にあっているなと思いました。
国旗好きなのは、フィンランドと同じかな。スウェーデンもそうですが、北欧の国はとくに祝日でなくても自国の旗を街中に飾っていることが多いですね。
アンティーク街のお店の軒先にも必ずと言っていい程、国旗が。

loppe03.jpg

loppe04.jpg


【“コペンハーゲン街巡り”の続きを読む】

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2013.07.24 | デンマーク

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ