ルイジアナ近代美術館

今回のデンマークの旅で私が一番行きたかった所は、コペンハーゲンの中央駅から電車で40分位の郊外にあるルイジアナ近代美術館。

lousiana00.jpg
こじんまりとした入り口からは想像がつかない程、館内は渡り廊下で奥まで繋がっており庭園が広がっていた。オーレンス海峡を臨む見晴らしのよい美術館は、アレクサンダー・カルダーの動くモビールオブジェが存在感を放っている。

lousiana01.jpg
lousiana02.jpg
緑いっぱいの庭園内には、自然の中に溶け込むようにヘンリー・ムーアの彫像作品などが点在していて、館内には所々にドアがあり屋内と屋外は自由に出入り出来るオープンな作りで、順路など気にせずに自由自在に展示物を見ることが出来る。

lousiana09.jpg
庭園を背景にしたジャコメッティの彫刻も、一枚の絵画のように美しい。

lousiana10.jpg
lousiana03.jpg
lousiana08.jpg
展示作品は多岐に渡り、絵画、彫刻、映像などかなり膨大で全てを見るのにたっぷり時間がかかるのだけど、抽象的な現代アートやインスタレーション作品は、子供も楽しんでいて、美術館だとすぐに飽きてしまうかも…という心配はいらなかったようだ。


lousiana05.jpg
lousiana06.jpg
lousiana07.jpg
野外には巨大なピラミッドのようなオブジェもあり、子供達は登ったり降りたり走り回ったり、裏手は森に囲まれていて、長い滑り台で遊べたり、昔からそこにあったような朽ちた大木で作られた橋の作品など、自然丸ごと展示物といった印象で、思っていた以上にスケールの大きな美術館だった。

lousiana04.jpg
小高い丘の上ではピクニックを楽しむ家族連れも多く、人々の憩いの場としても親しまれているようだった。
こちらの美術館は、予想以上に素晴らしかったので、ぜひまた再び訪れてみたいと思った。

駅から美術館周辺は家々が立ち並ぶ住宅地で、歩く道すがら、よく手入れのゆき届いた庭や伝統的な家屋を見るのも楽しかった。デンマークの一軒家はフィンランドとはかなり異なっていて、一階部分まで覆うような三角屋根に出窓がついていて、半地下部分に玄関があるような作りだったり、煉瓦作りが多く日本の茅葺きに似た屋根のある古い家屋も風情があった。


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2016.07.24 | デンマーク

レゴランド デンマークへ

長い夏休みはすでに終盤へ。かねてから冬馬が行きたがっていた、デンマークのレゴランドへ行って来た。
レゴランドのあるBillund(ビルン)は、フィンランドから直行便も飛んでいるけれど、今回は丁度いい時間のフライトが取れなかったので、コペンハーゲンから鉄道とバスを乗継いで、片道約3時間、往復6時間かけ日帰りという弾丸ツアーで訪れた。

legoland00.jpg
天気はあまり良くなく時々雨もパラついたものの、けっこうな人出で、ゲートについた瞬間からテンションが上がる冬馬。レゴランド内は、ほぼ全てがレゴで出来ていて圧巻だった。お伽噺に出て来るようなカラフルで可愛らしいミニチュアの街の模型は、ずっと眺めていても飽きない。

legoland02.jpg
legoland03.jpg
legoland10.jpg
冬馬はやはりスターウォーズの模型に釘付け。

legoland04.jpg

アトラクションも結構充実していて、園内にある映画館で3Dムービーを見たり、河下りやインディアンの砂金探しなどなど、大人も童心にかえって楽しめる内容だった。

legoland09.jpg
legoland07.jpg
最後はこれもずっと楽しみにしていた、レゴショップへ。何しろ広いのでどれを選ぶか興奮気味だったけれど、フィンランドで売られていないものを本人が選んだ。フィンランドに帰ってから開ける約束だったので、箱を何度も眺めては、ホテルに戻って眠る時も抱えて眠っていた(笑)。

約5時間程の滞在で、また3時間かけてコペンハーゲンに戻ったけれど、それでも目一杯楽しめて、冬馬も満足したよう。たぶん来年になると、レゴへの興味もだいぶ薄れて来そうな気配がすでにあったので、今行けて良かったと思う。


2016.07.23 | デンマーク

森の中の民芸市 2014

今年もリガで行われた森の中の民芸市へ行って来ました。
晴れているけれど暑すぎもせず、ちょうどよい天気に恵まれ、昨年にも増して沢山の人出でした。
民芸市が広く国外にも知られるようになるにつれ、年々訪問者の数も増えているようです。

morimin01.jpg

森の中を歩いて行くと民族衣装を身につけた子ども達がダンスをしていました。
花冠をつけた女の子も可愛いけれど、男の子の民族衣装も素敵。いつもラトヴィアへ来ると民族衣装好きの血が騒ぎます(笑)。どの衣装も美しく見ごたえがあります。

morimin03.jpg

今年もお店のための買付けがメインの旅でしたが、ちょうど友人家族もリガへ行くということで一緒に民芸市へ行き、二人とも手工芸や民族衣装好きなので盛り上がりました。
いつも通りミトンを中心に見てまわったけれど、白樺の手工芸品も今年はよく目について、ビーズ織りの素敵なアクセサリーも見つけたりと新たな発見もありました。

morimin02.jpg

morimin04.jpg

若手の作家さんも、ラトヴィアの伝統的な模様やデザインなどを大切にしているところが、民族の文化に対する誇りのようなものが感じられます。フィンランドでは忘れ去られつつある、伝統文化を大切に伝えてゆこうという気風のようなものも、私がラトヴィアに強く惹かれる理由なのだと思います。

昨年は見かけなくて残念に思ったボビンレースのおばあちゃんも今年は来ていて、ほっとして嬉しくなったり。3回目ともなると、だんだんお気に入りの工房や製作者の方もいるようになり、そこを目指して歩いたりもします。
しかし毎回思うけれど、出店数と規模が大きすぎて時間が足りない…。もっとじっくりみたいけれど、早足で次々見ても3、4時間あっと言う間。また同じお店に戻るのも大変だし売れてしまっている事も多いので、いいと思ったら即決で手に入れるという感じ。

morimin05.jpg

morimin06.jpg

親が夢中で民芸市を見ている間、子ども達は野外博物館の中にある木製の遊具などがある広場で遊んでくれていました。弓をひいている子や馬にのっている子がいたりと、素朴なラトヴィアの風景も来るたびにいつも心に残ります。

2014.06.12 | Comments(9) | ラトヴィア

マルメ散策

コペンハーゲンから列車でオーレスン海峡を渡って30分位で行けるスウェーデン・Malmöにも行ってみました。車窓から見える海上には風力発電の風車がたくさんまわっていたのが印象的。デンマークの風力発電のシェアは世界一だそうです。

mal01.jpg

マルメは昔はデンマーク領だったこともあるそうで、古い街並が残されていて素敵です。でもコペンハーゲンとはまた雰囲気が違っていて面白い。

mal04.jpg

mal05.jpg

ここでもフリーマーケットやアンティーク屋さん巡り。
街中で在住日本人の方に出会い、親切にお店を案内してもらって大助かり。
フィンランドにもあるチェーンのセカンドハンドのお店もあったりして、なんとなく親近感。
それでも置いてある物は少し違っていて、フィンランドではそんなに見かけないスウェーデンのヴィンテージ陶器が沢山あって楽しめました。
インテリアやデザイン系の洒落たお店が集まったエリアもあり、もう少し時間があったらじっくり見たかったのですが…。

mal02.jpg

mal03.jpg

デンマークにくらべて物価が安いらしく、国境を超えて気軽に買い物に来る人も多いそう。
昔はスウェーデン側からデンマークへ買い物に行く人が多かったそうですが。

mal06.jpg

日帰りということもあり駆け足での散策でしたが、マルメは近代的な部分と古い歴史が混ぜ合わされたような雰囲気でした。

malmo07.jpg


2013.08.08 | スウェーデン

チボリの夕べ

息子の希望もあり、コペンハーゲン滞在中はチボリ公園へも行って来ました。
北欧は白夜の季節ということもあり、夏はかなり夜遅くまで開いているチボリ公園。
私達も入園したのはすでに7時頃、しかしまだまだ明るい北欧の夏の夜。徐々に日が暮れて照明が灯ってゆく風景も素敵でした。

tivo01.jpg

世界最古の遊園地と言われるチボリ公園は、子供連れはもちろん多いのですが、初老のカップルなど大人同士という人々もよく見かけました。大人も寛げるようなシックな雰囲気のレストランやバーなども園内にあり、子供だけでなく大人も楽しんでいる姿が印象的でした。

tivo02.jpg

よく手入れの行き届いた庭園も美しく、咲き乱れる花々がきれい。庭を眺めるために来ている人たちもいるようでした。建物も作り物っぽさがなくクラシックで歴史の長さを感じました。

tivo03.jpg

息子が入りたがったので、海賊船のレストランで夕食をとりました。

tivo04.jpg

レストラン内には子供のためのパイレーツの衣装やおもちゃの剣やピストルが宝箱の中にあり、海賊になりきっている子供達の姿が面白い。しかし冬馬はコスプレは嫌がり(苦笑)それでもおもちゃのピストルを何丁も抱えて、知らない子供と海賊ごっこをして熱心に遊んでいました。

tivo05.jpg

他にはお父さんとボートやクラシックカーの乗り物にのったり、最後は全員で観覧車へ。
私はちと高所恐怖症の気があるので、いつ終わるのー!と内心思う程何度もグルングルンとかなりのスピードをつけて回るので結構怖かったのですが、夫と冬馬はまったく平気だった模様。


【“チボリの夕べ”の続きを読む】

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2013.08.05 | デンマーク

コペンハーゲン街巡り

cope01.jpg

デンマークはコペンハーゲンへ行って来ました。
滞在中は連日良い天気で気温もかなり上がり、ヘルシンキを出発した時は肌寒い位だったのにノースリーブでも汗が滲んで来るような暑さでした。

cope02.jpg

コペンハーゲンは、街の規模からするとヘルシンキとそんなに変わらない気もするのですが、観光シーズンのせいか街中とても人が多い。
そして自転車に乗っている人も多い。メトロ周辺の自転車置き場などまるで東京みたい…。
Nyhavnに行ってみると、運河沿いにびっしりと隙間なく人々が座っていてビックリ(笑)。フィンランド人だったら他人同士でこんなに密着して座るなんてあり得ません(笑)。
同じ港町でもヘルシンキとはかなり雰囲気が違うところも面白かったです。

cope03.jpg

cope04.jpg

色とりどりのお伽噺に出て来るような可愛らしい古びた建物も多く、アンデルセンの国~というイメージが頭に浮かびます。ヘルシンキにはないテイスト(笑)。
赤い地に白十字のデンマーク国旗の色合いも街の雰囲気にあっているなと思いました。
国旗好きなのは、フィンランドと同じかな。スウェーデンもそうですが、北欧の国はとくに祝日でなくても自国の旗を街中に飾っていることが多いですね。
アンティーク街のお店の軒先にも必ずと言っていい程、国旗が。

loppe03.jpg

loppe04.jpg


【“コペンハーゲン街巡り”の続きを読む】

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2013.07.24 | デンマーク

再び、森の中の民芸品市へ

冬馬にせっせとスーツケースに荷物を詰めさせ向かった先は、日本ではなくラトヴィアでした。
今年も、年に一度リガ郊外で開かれる森の中の民芸品市へ行って来ました。
前年は雨まじりで肌寒かったのが、今年は良く晴れて気温も28度まで上がり夏日でした。それでも会場になっている野外博物館は広大な森の中で木陰があり、すぐ側の湖から時おりサーっと気持ちの良い風も吹いて、夏だ!と感じました。

mori02.jpg

今年は天気が良かったせいか、前年にも増して沢山の出店数だったような…。
今回は家族連れとはいえ、ほぼ100%お店の買い付けで来ている事もあり、会場では夫に息子を頼み、私は半日別行動で手編みのミトンや木工品、手織物の買い付けに懸命でした。膨大な量のミトンを見続けたせいか、その日の夢の中にまでミトンを選んでいる自分が出て来る程…(笑)
道の両端にズラっとお店が並び、森の中なのでくねくね曲がったり、行き止まりで Uターンしたりしているうちに、どこまで見たのかわからなくなったりで行ったり来たり。いやはやこれは、やはり1日では到底じっくり見るには時間も気力も足りない…と感じました。

mori03.jpg

mori01.jpg

民芸品市では、ラトヴィアの民族衣装を身につけた人を見るのも楽しみの一つ。昨年は天気が悪かったせいか着ている人をあまり見られなかったのが、今年は沢山見ることができました。そして、頭に野の花を摘んで作った花冠をかぶっている人も多く、森の精みたいでとっても素敵!

mori06.jpg

一番奥まで進んでゆくと広場のように開けた場所に出て、そこにはバーベキュー料理の屋台が沢山出ていて、お昼ご飯にしました。
肉や野菜の串焼きや丸ごと肉塊をガブっと食べている人多数。ラトヴィアはドイツやポーランドなどの影響も受けているらしいので、お肉料理が美味しい。ザワークラフトもよく付け合わせでついてきて、酸っぱいもの好きとしては嬉しい。

mori04.jpg

広場の横には移築されたラトヴィアの古民家や古い木製の遊具が並んだ遊び場もあります。回転木馬なども全て木製で手動式なのがレトロでいい感じ。冬馬は私がお店を見ている間、初めてアーチェリーにも挑戦したらしく、いきなり的に2本も当てて夫もビックリしたそうで(笑)。
湖沿いには、ピクニックをしている家族連れがいたり、草地にのんびり寝そべっている人も多く、素朴で牧歌的な風景でした。

mori07.jpg

mori08.jpg

フィンランドに戻ると、こちらも一気に夏となっていました。短い夏のはじまりです。


2013.06.09 | ラトヴィア

森の十字架 Erik Gunnar Asplundの建築

ストックホルム滞在最後の日は、Erik Gunnar Asplundが設計した「Skogskyrkogården」へも行きました。

moricross01.jpg

この日は朝から雨模様で天気がよくなかったせいか、森の十字架には人影もなく。どこまでも見渡せるかのように広がる緑の空間には、とても静かな時間が流れていました。
Erik Gunnar Asplund自身もこちらの墓地に眠っているそうです。

moricross02.jpg


同じ日、アンティーク街を歩いている時にたまたま雨宿りに入ったストックホルム市立図書館も、Erik Gunnar Asplundの設計でした。


【“森の十字架 Erik Gunnar Asplundの建築”の続きを読む】

2012.08.08 | スウェーデン

«  | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ