FC2ブログ

再び、森の中の民芸品市へ

冬馬にせっせとスーツケースに荷物を詰めさせ向かった先は、日本ではなくラトヴィアでした。
今年も、年に一度リガ郊外で開かれる森の中の民芸品市へ行って来ました。
前年は雨まじりで肌寒かったのが、今年は良く晴れて気温も28度まで上がり夏日でした。それでも会場になっている野外博物館は広大な森の中で木陰があり、すぐ側の湖から時おりサーっと気持ちの良い風も吹いて、夏だ!と感じました。

mori02.jpg

今年は天気が良かったせいか、前年にも増して沢山の出店数だったような…。
今回は家族連れとはいえ、ほぼ100%お店の買い付けで来ている事もあり、会場では夫に息子を頼み、私は半日別行動で手編みのミトンや木工品、手織物の買い付けに懸命でした。膨大な量のミトンを見続けたせいか、その日の夢の中にまでミトンを選んでいる自分が出て来る程…(笑)
道の両端にズラっとお店が並び、森の中なのでくねくね曲がったり、行き止まりで Uターンしたりしているうちに、どこまで見たのかわからなくなったりで行ったり来たり。いやはやこれは、やはり1日では到底じっくり見るには時間も気力も足りない…と感じました。

mori03.jpg

mori01.jpg

民芸品市では、ラトヴィアの民族衣装を身につけた人を見るのも楽しみの一つ。昨年は天気が悪かったせいか着ている人をあまり見られなかったのが、今年は沢山見ることができました。そして、頭に野の花を摘んで作った花冠をかぶっている人も多く、森の精みたいでとっても素敵!

mori06.jpg

一番奥まで進んでゆくと広場のように開けた場所に出て、そこにはバーベキュー料理の屋台が沢山出ていて、お昼ご飯にしました。
肉や野菜の串焼きや丸ごと肉塊をガブっと食べている人多数。ラトヴィアはドイツやポーランドなどの影響も受けているらしいので、お肉料理が美味しい。ザワークラフトもよく付け合わせでついてきて、酸っぱいもの好きとしては嬉しい。

mori04.jpg

広場の横には移築されたラトヴィアの古民家や古い木製の遊具が並んだ遊び場もあります。回転木馬なども全て木製で手動式なのがレトロでいい感じ。冬馬は私がお店を見ている間、初めてアーチェリーにも挑戦したらしく、いきなり的に2本も当てて夫もビックリしたそうで(笑)。
湖沿いには、ピクニックをしている家族連れがいたり、草地にのんびり寝そべっている人も多く、素朴で牧歌的な風景でした。

mori07.jpg

mori08.jpg

フィンランドに戻ると、こちらも一気に夏となっていました。短い夏のはじまりです。


2013.06.09 | ラトヴィア

森の十字架 Erik Gunnar Asplundの建築

ストックホルム滞在最後の日は、Erik Gunnar Asplundが設計した「Skogskyrkogården」へも行きました。

moricross01.jpg

この日は朝から雨模様で天気がよくなかったせいか、森の十字架には人影もなく。どこまでも見渡せるかのように広がる緑の空間には、とても静かな時間が流れていました。
Erik Gunnar Asplund自身もこちらの墓地に眠っているそうです。

moricross02.jpg


同じ日、アンティーク街を歩いている時にたまたま雨宿りに入ったストックホルム市立図書館も、Erik Gunnar Asplundの設計でした。


【“森の十字架 Erik Gunnar Asplundの建築”の続きを読む】

2012.08.08 | スウェーデン

ストックホルムの思い出

viking01.jpg

スウェーデンへは、ヘルシンキの港から大型フェリーで夕方出航し、ストックホルムの港には翌朝到着しました。

viking02.jpg

甲板や船室の窓から眺めるスオメンリンナなどの島々やスウェーデン領に入って来た時の海沿いの風景の美しさは、船旅ならではだと思います。こんなゆっくりとした旅もいいものだなぁと思いました。

stock02.jpg

stock01.jpg

ストックホルムは、たくさんの島々がメトロやトラム、バスで繋がっている美しい街でした。
ヘルシンキも海沿いにありますが、首都のわりにこじんまりとしているので、文字にすると「港町」って感じ。ストックホルムは大きな「港街」です。
ヘルシンキに比べると本当に大都会ですが、公園や緑も多くゆったりとしていますね。

stock03.jpg

ガムラスタンの旧市街の街並みも美しかったです。世界一狭いと言われている路地裏もたくさんあって、ついついまた誘われるようにふらっと入り込んでしまったり(笑)ヘルシンキはわりと新しい町なので、そんなに古い建物や路地裏はないので、こういう街並を見ると歴史の違いを感じます。

roji_20120806211235.jpg


【“ストックホルムの思い出”の続きを読む】

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2012.08.06 | スウェーデン

スカンセンを満喫

お隣スウェーデンの首都ストックホルムへ行って来ました。フィンランド移住4年目にして初のスウェーデン、初の大型フェリーでの船旅でした。

skansen_bloo.jpg

いろいろ行きたい所が沢山ある中でも、絶対外せなかったのが「スカンセン野外博物館」。
素朴な古民家などが移築され、昔の暮らしが再現されています。

skansen02.jpg

skansen03.jpg

ヘルシンキにもセウラサーリという島に野外博物館がありますが、スカンセンのあるユールゴーデン島は、その3倍位はありそうな広大な土地で、中には動物園や遊園地まであり、ピクニックしている家族も多く、自然の中で1日中楽しめました。

skansen04.jpg

skansen05.jpg

skansen_olava.jpg


野外博物館の中を走る小さな汽車にも乗ってみました。
他にもレールの上を走る車やゴーカートなど、車好きの冬馬もかなり楽しんだようで、フィンランドに帰ってからも思い出して、また行きたい!と話していました。

skansen_kisha.jpg


【“スカンセンを満喫”の続きを読む】

2012.07.28 | スウェーデン

ラトヴィア・フォークロアの旅 -ラトヴィア歴史博物館-

このところ出かける事が多く写真が溜まっているのですが、ブログに載せる時間がなく、まだラトヴィアの話になってしまいますが、リガ滞在中にぜったい行きたかった場所の一つが「ラトヴィア歴史博物館」でした。

lat_museo01.jpg

こちらには、昔の暮らしで使われていた道具や、各地方の民族衣装や装飾品などが時代を追って展示されていて、その量の多さと素晴らしさは圧巻でした。

lat_museo02.jpg

子供の頃から民族衣装が大好きな自分としては、もう何時間でも居たいくらいで、またまた旦那さんと冬馬そっちのけで、何度も何度も館内を回ってしまいました(苦笑)

lat_museo03.jpg

民族衣装のブラウス、スカート、サシェや帽子、装飾品にいたるまで、ふんだんに織り込まれた伝統模様や刺繍などは、素朴ながらも繊細でとても美しく、ため息と感嘆の連続でした。

lat_museo05.jpg

lat_museo06.jpg

昔の織りの道具や暮らしの中で使われていた木の道具などは、フィンランドにも共通するものがあり、より身近に感じました。
こちらはもう少し新しい時代のものですが、レトロな缶などの展示も良かったです。

lat_museo04.jpg

実際に訪れてみて、まさしく自分の好みにぴったりの博物館で、バルトの手仕事やフォークロア好きな方には、とてもお勧めしたい場所です。


【“ラトヴィア・フォークロアの旅 -ラトヴィア歴史博物館-”の続きを読む】

2012.07.05 | ラトヴィア

ラトヴィア・フォークロアの旅 -旧市街散策-

origa02.jpg

バルト3国と北欧はとても近く、ラトヴィアはフィンランドからだと飛行機で1時間で時差もなく、隣国といっていい距離。エストニアへフェリーで渡りバスで陸路を移動するというルートもあります。

origa03.jpg

首都リガはかつてバルトのパリと呼ばれていたほど栄えていたものの、ソ連時代は手荒く扱われていたそうですが、独立後は急速に発展しているようで、かなりの都会でした。第二次世界大戦でも焼け残ったと言う旧市街には中世時代の建物が今も沢山残っていて、歴史の長さが感じられます。

origa01.jpg

旧市街には雰囲気のある路地裏も多く、ついふらふらと一人で入って行ってしまい、旦那さんと冬馬が探しまわっていたことが何度も(苦笑)。
そこで見つけた編み物のお店。ポールや柱にもニットのカバーがつけられていました(笑)手工芸が盛んな国らしく、裏通りにも素敵なお店がいろいろありました。

hobbywool01.jpg

hobbywool02.jpg

hobbywool03.jpg

リガの街を見渡せるということで、聖ペトロ教会の塔にも登ってみました。
かなり眺めはよかったのですが、かなりの強風&寒さで、なかなか下りのエレベーターは来ないし、塔の天辺は結構狭いので、高所に弱い人は少々怖いかもしれません…。冬馬はぜんぜん平気そうでした。

origa04.jpg


【“ラトヴィア・フォークロアの旅 -旧市街散策-”の続きを読む】

2012.06.11 | ラトヴィア

ラトヴィア フォークロアの旅 -森の中の民芸品市-

ラトビアの首都リガへ行って来ました。
今回の旅の一番の目的は、年に一度6月最初の週末にリガで開かれる民芸品市へ行くこと。
ずっとずっと行ってみたいと思っていたので、行く前からかなりの期待感、そして実際もそれを裏切らない素晴らしさでした。

lv_mingei01.jpg

会場はリガ郊外の森の中にある民族野外博物館で、広大な敷地に伝統的な古民家などが移築され昔の暮らしが再現されていて、それだけでもフォークロア好きとしてはかなり惹かれる上に、さらにそこで民芸品市というお祭りが開かれるとなれば、テンションも上がりっぱなしでした(笑)
2日開催の市はどちらも天気はあまり良くなく、時おり雨もぱらついたりしたものの、それもなんのそのな賑わいでした。

lv_mingei02.jpg

会場は森の中にあるため、木の枝を利用して編み物や織物、カゴなどの売り物が吊り下げてあったりして、素朴でのどかな雰囲気でしたが、規模はかなり大きくて、じっくり見ていたら1日中でも足りない位でした。ラトヴィア全土から集まった職人さん達自ら自分達の作った民芸品を売りに来ていて、カゴや木工品、リネンの手織り物、編み物、刺繍、ボビンレース etc と伝統的なハンドクラフトの嵐。旦那さんと冬馬もそっちのけで、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、やっぱりまた戻って見たり…と夢中で回りました。

lv_mingei03.jpg

lv_mingei05.jpg

おばあちゃんが2人でやっていたボビンレースのお店でレース編みのドイリーを手に入れたり、ラトヴィア独特の幾何学状の伝統模様が織られたサシェなども素敵で一つほしいなと思ったものの、どれもこれも素敵で選びきれなかったり…、迷いに迷って伝統模様が織りこまれたテーブルランナーを手に入れたり。
今回はお店のための買い付けも兼ねていたので、手編みのミトンにも注目。一つとして同じものがない程沢山の伝統的な模様と色の組み合せがあり、一つ選ぶのにも目移りしてしまい大変でした(苦笑)。それから独特の形で編まれた昔ながらのカゴなども沢山持って帰りたかったものの、カゴは持ち手などがかさ張るため選びに選んだり…と、ここまでの数の民芸品を一度に見られる機会はそうそうないそうで、もうすでに来年もまた来たいと帰る前から思う程の充実ぶりでした。


【“ラトヴィア フォークロアの旅 -森の中の民芸品市-”の続きを読む】

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

2012.06.08 | ラトヴィア

パリの蚤の市

パリに行ったらぜったい行きたい!と一番楽しみにしていたのは蚤の市。
子連れということで規模や治安も考慮してヴァンプの蚤の市へ行って来ました。

paris_nomino01.jpg

ズラッとかなりの数のお店が並び、見て回るのにけっこう時間はかかったのだけど、今回はこれといったものはあまり見つけられず。
探していたキノコや海洋生物などの古い博物画はまったく見当たらず…。そういうのってイギリスとかドイツの方があるのかな…?

paris_nomino02.jpg

ヘルシンキとパリでは蚤の市に出る品物もかなり違うので、それはそれで面白かったのだけど。
物のわりに何となくお値段が高いような気もした。ま、ヘルシンキも高いのだけど。
パリの蚤の市の雰囲気は充分味わえたので、それでけっこう満足でした。

piano00.jpg


【“パリの蚤の市”の続きを読む】

2011.07.29 | Comments(12) | フランス

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ