fc2ブログ

風雲児、藤井 風

新型コロナウィルスに見舞われてからというもの、世界中どこに居ようとも鑑賞出来るインスタやYouTubeのリアルタイムでのライブにすっかり夢中になってしまった。むしろ今だからこそ海外在住だと行けないコンサートを家に居ながらにして鑑賞できるなんて、気が滅入る日々の中で良かったと思える数少ない事だ。

そんな中で出会ったのが、藤井 風というアーティスト。
全くトンデモナイ才能が現れたものだ。
ぶっ飛んでるピアノテクニックもソウルフルなボーカルも作曲センスも、新人のレベルではない。
一度耳にしてからというもの、スルメを噛むように何度も何度も彼の曲やカバーを聴くのがやめられない(笑)。私のような症状のフォロワーが急速に増えてるらしい。




今年デビューしたばかりだけど、実は10年も前からYouTubeにクラシックやジャズ、洋楽から邦楽まで幅広いジャンルのピアノ演奏や弾き語りカバーを投稿していて、中学生の頃からすでにYouTuberだったという、まさに今の時代の若者。
彼の歌はR&Bをベースに今時のサウンドメイクもカッコ良く洋楽ファンも唸らせるがそれだけではない。ちょっと哀愁のあるメロディーはどこか懐かしい歌謡曲のようなものも根底に感じられ、たぶん年齢世代問わずに響くものがあると思う。



そして一見若者スラングと見せかけて深い意味合いのある歌詞にも感服してしまう。まだ23歳になったばかりの青年がいったいどんな人生経験を積んだらこんな詩を書けるのだろうか…。
さらに1年前に上京するまで地元岡山から一歩も出たことがなかったというけど、独学で英語までもペラペラなのである。
もう、ね、信じられないくらいの可能性を秘めている天才アーティストなのである。田舎から東京ではなく、いっきに世界へ羽ばたけそうな才能なのである。いや確実に世界レベルで活躍することになるだろう。



息子と言ってもいいくらいの世代の青年に、とにかく驚嘆しかない私。
そして、こんなに何でもそろっていて完璧なのに、喋るとたどたどしい岡山弁で一変して純朴な若者になるのがまたかわいらしい。

天体の配置では、200年も続いた土の時代が終わり、もうすぐ風の時代が来るらしいのだけど、名前も”風”だし、まさに変化の時代の風雲児になりそうなアーティストだ。



2020.08.12 | NO MUSIC, NO LIFE

不確かな世界の片隅で

世界中で猛威を振るう新型コロナウィルス。ここフィンランドも例外ではなく、人口550万程の小国でも感染者は日に日に増えていていて、3月の中旬から国境封鎖、現在まで学校は全校休校(保育園は除外)、医療従事者や警察関連などの職に就く保護者が面倒を見られない子供に限っては小1〜3年生までは登校可能。レストランやカフェなども閉まりテイクアウトやデリバリーのみ、リモートワークが推奨され、多くの家庭が家でひき篭る生活を送っている。

ヘルシンキ及び首都圏は3/27から3週間あまり続いたロックダウンが解除されたものの、個人的には正直まだ早いのではと感じている。引き続き不要不急な外出は避けるようにと要請は出ているものの、北欧の長い冬がやっと終わり春の光が差しこれから短い夏がやってくるこの季節に、外へ出かける人々は確実に増えてゆくと思う。現に今、街中を避けて森や水辺へ行く人々は増えている。
夕方に家のすぐ周りの海辺へ短い散歩に出ても、前からも後ろからもひっきりなしに人が歩いて来たりジョギングしたり、自転車で走り去ったりと、住宅地などは明らかに平時より逆に人が多い…。

1ヶ月前まで世界がこんな事態になるとは予想もしていなかったことだけれど、それまでの日常が日常でなくなる感覚には既視感がある。私の脳裏には震災後の故郷のことが浮かんでいた。目には見えないものに蝕まれてゆくのではないかという恐怖。
この国はこの世界はどうなってゆくのだろう…絶対に変わらない日常などないのだと、また改めて思い知らされる。

swanshu01.jpg

フィンランドでも国境封鎖の前あたりは一時的に買い占めがおこり、トイレットペーパーやハンドサニタイザーの他に食料品で人々が買いに走ったのは、ジャガイモ、冷凍ブルーベリーなどお国柄が出るような物も…。夫はさらに粉に走った。小麦粉、中力粉など、粉さえあればパンもお菓子も作れるということで。
それでも日々の生活は淡々としていて、買い物へ行く回数は週1に減らし、それも直接店には行かずにスーパーのオンラインサイトから購入し夫が車でピックアップするという事を続けている。
息子も夫もずっと家にいるため、焼いても焼いてもなくなるパンを作るため、オーブンとパン焼き機はフル稼働。1日3食みっちり作る気力はもたないので、私が担当するのは2食か1食だけれど、おやつも食べたいとねだられ常に家の中にはお菓子か料理を焼いたり煮たりする匂いが漂っている。
時間だけはたっぷりあるので、少し手間のかかるお菓子作りに挑戦したり、オンラインで好きなミュージシャンのライプを見たり、エクササイズ動画を一緒にやったり、世界中どこに住んでいても今やネットで同時に繋がっていろいろな事を見たり聞いたり出来るのはすごいなと思う。

macaron00.jpg

学校のオンライン授業がある朝は時間通りに息子を起こすけれど、他はもう何時に寝て起きてもあまりうるさく言う気もなくなり、もはやほとんど曜日の感覚もなくなってきた…。
ずっと透明なシェルターの中で暮らしているような感覚だ。




2020.04.16 | 暮らし

マメの旅立ち

1月6日午前0時過ぎ、マメが旅立ちました。
17歳8ヶ月の猫生でした。
東京で一人と一匹で暮していた頃からフィンランドへ移住し家族をもってからも、相棒として時には母や姉のようにずっと側に寄り添い支えてくれて、私にとってかけがえのない特別な存在でした。

mame01_20200127011943631.jpg

昨年11月に腎不全と診断されたものの小康状態を保っていたのが、クリスマス以降急速に病状が進み、年末にはもって数日だろうと余命宣告され、最期は必ず家で看取ろうと決めました。
タイミング悪くちょうど同じ頃、夫の祖母の病状も芳しくなく、年明けに後ろ髪をひかれながらも夫と冬馬だけロヴァニエミへ5日間帰省し、思いがけずマメと二人っきりで過ごすことになった最後の時間。
毎日いっぱい撫でて言葉をかけ、その間もどんどんマメは衰えてゆき、最後の3日間はとうとう歩けなくなったけれど、そんな体になっても私が横になっていると這って側に来て、ピッタリと体をくっつけて眠る姿がいじらしく愛おしかった。まるで離れがたいとでもいうかのように…。

mame02_20200127011944ec7.jpg

亡くなる数日前のマメの瞳は、水を湛えたように潤んで不思議に澄んだ色をしていて、ああ、もうすぐ逝ってしまうのだな…と予感し寂しくて仕方なかった。
別れが辛く毎日泣きながら、自宅で輸液の皮下点滴、自力で歩けなくなってからは毎回抱っこしてトイレへ連れてゆき最後はベッドにシートを敷いて寝かせたままさせていたけれど、毎回出るとシッポでぱしぱしと私を叩いて知らせてくれる賢い子でした。

亡くなる1週間前からマメは自分からは食べたり水を飲むことさえ一切拒否していたのに、尿毒症が怖くてシリンジで水やご飯を無理にでも与え続けてしまったことは今でも悔やまれる。
延命する気はなく、緩和ケアや看取りについてもさんざん考えたものの、投薬を全てやめてしまう決心はできず、輸液の皮下点滴についてもいつまで続けるか悩んだけれど、脱水しているのを目の前にするとやめることが出来なかった。マメは逝く準備をしていたのに、結果的には苦しませてしまったかもしれない…。
徐々に弱り衰えてゆく愛猫を前に、何もせず自然にまかせ看取るということは、飼い主にも相当の覚悟がいると思う。
とはいえ家族に遠慮なく24時間片時も離れず思いきり看護できて、最期に濃密な時を過ごせてよかったとも思っている。

旅立つ数分前、しきりに鳴いて何か言いたそうな様子で、そのあと突然呼吸がおかしくなり、体全体がピンと突っ張ったように伸びて、まだ僅かに呼吸をしていたので、抱きしめてお別れの言葉を言うと、私の腕の中で静かになり息を引き取った。顔を覗くと優しく澄んだ瞳に戻っていて、穏やかな表情でした。
動物には死という概念はないと聞いたことがあるけれど、自分に起きていることをただ受け入れ、生きて死んでゆく姿は凛として健気だった。

マメを看取ったあと体を拭いてから撫でると、まるで今にも息を吹き返すのではと思うほど毛皮はしっとりツヤツヤしていて、肉球も柔らかで、何度も胸に耳を当てて心音を確認したけれど、亡骸だけがそこにあり、もうすでにマメの魂はそこに宿っていなかった。

今も家の中にはマメのいた気配が至る所に残っているのに、見渡してもマメの姿はなく、呆然と佇んでしまう。
これからは一人でも頑張っていきなさいよ、と言われているみたいだ。
マメは私と一緒にフィンランドへ来て幸せだっただろうか?
そう思ってくれていると嬉しいのだけど…。


マメ、大好きだよ。
17年間、ありがとう。

またいつか会える日まで。



【“マメの旅立ち”の続きを読む】

2020.01.27 | Comments(16) | マメのまめ部屋

誕生日つづき

papakakku201901.jpg

先日の息子の誕生日につづき、夫の誕生日。9月は毎年、ほぼ毎週誕生日ケーキを作る。
夫のケーキは、ここ数年ガトーショコラが定番となった。上のデコレーションを変えたり、中に何か入れたりと少し変えるだけ。今年は、息子のケーキの時に使ったマロンペーストがまだ残っていたので生地に混ぜこんで、ラム酒を少し垂らして、デコレーションは、イチジク、ブラックベリー、葡萄を飾って秋らしくしてみた。

papakakku201902.jpg

今年はイチジクがどこのスーパーでも今までにないくらい手頃な価格で売られていて、朝ヨーグルトに入れたり沢山食べているが、夫と息子はジャム以外は好きではないようで、ほぼ私が独り占め状態。ブラックベリーは、フィンランド語だとKarhunmarja(熊のベリー)と呼ばれていて、森のクマが好んで食べるベリーなのだろうか。

papakakku201903.jpg

冬馬は夫向けの濃厚ホロ苦のガトーショコラは今まで食べてくれなかったが、今年は一緒に食べて、マグカップに少しだけコーヒーも飲んだ。ガトーショコラはやっぱりコーヒーによく合う。


2019.09.23 | お菓子/飲み物

10歳の誕生日

息子、ついに10歳になりました。
誕生日ケーキは、すっかり定番になった小豆クリーム入り抹茶ロールケーキ。なんだか年々渋くなってゆくような…。今年はフランス産栗のピューレ缶があったので、それをモンブラン風に絞ってみた。しかし、なぜいつも私が絞るとラーメンのようにぐちゃぐちゃになってしまうのか…。どうしても真っ直ぐきれいに絞れない。
小豆のストックが沢山あるので、餡子も自分で作った。横着して炊飯器で作るレシピを使うも、なかなか小豆が柔らかくならなくて何度も炊飯スイッチを押したので、鍋で作っても同じくらいの所用時間だったかも…。

20190911.jpg

今年の誕生日プレゼントは、少し前にそれまで使っていたスマホが壊れたので、同じアンドロイドのものをプレゼントする予定だったのに、突然iPhoneが欲しいと言い出した息子。こちらではiPhoneユーザーは少数派で、子供なのに新品を与えてもらうなんてかなり贅沢なこと。息子の友達で持っている子も親のお下がりがほとんど。
とうぜん私は反対したが、息子に甘い夫と祖父母、ひいおばあちゃんに義妹までもが皆で一緒に買ってあげるということになり、結局プレゼントされた。ほんと皆甘い!夫側の親族で子供なのは息子一人だけ(唯一の従兄弟はすでに20代で独立している)ということもあり、何かと甘やかされていて、これはよくないなぁと常々思っている。


【“10歳の誕生日”の続きを読む】

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児

2019.09.17 | こども部屋

ダーラフローダ

ダーラナ地方に旅することがあったら、訪れてみたいと思っていたダーラフローダ村にあるプチホテル「Dala-Floda Värdshus」。念願叶って、今回泊まることができた。

dalafloda_01.jpg
ホテルの敷地内にはコテージが何棟か点在していて、食事は母屋にあるダイニングルームで食べる。

dalafloda_02.jpg
私たちが今回宿泊したファミリールームは離れにあり、その名も「フローダ」という名前の部屋で、民族博物館などで見かけるようなダーラナ地方で昔使われていた箱型の木製二段ベッドが2台移築されていて、伝統的な織物で作られたカーテン付きなのも雰囲気満天。

dalafloda_03.jpg
宿の中はあちこちにスウェーデンの古民芸、クールビッツ模様が描かれた家具、伝統的な手織物のタペストリーなどが置かれていて、北欧の手工芸やアンティークに興味がある人はかなりテンションが上がると思う。宿は近代的なホテルというよりも、古民家の宿という感じだ。

dalafloda_05.jpg
宿泊は朝食付きで、希望すればディナーも予約出来る。私たちは2晩とも予約した。スウェーデンで初めてオーガニック認定されたホテルらしく、地産の食材を使った料理は素朴だけれど滋味溢れ美味しかった。

dalafloda_09.jpg
朝食も手作りグラローラや北欧ではお馴染みの何種類かのヨーグルトやベリー類、パン、サラダなどの他に、養蜂までやっているらしく巣箱から取ってきた巣枠ごとテーブルに置かれていて、お皿に溜まっていた蜂蜜をスプーンですくってハーブティーに入れて飲んてみたら、あー美味しい!こういう演出もとても素敵だ。

dalafloda_04.jpg
オーナーのマダムが手作りしたドライフラワーを輪っかにぐるりと飾って吊り下げた燭台もとっても素敵で、自分でも作ってみたくなった。

dalafloda_08.jpg
丹精込めたホテルの庭もターシャの庭みたいで、手を入れすぎない野花のままの感じがとっても好み。リンゴの花の甘い匂いに誘われて散歩していると、猫が。ダイニングルームでディナーを待っている時にふと窓の外を見ると、猫のための外階段が取り付けてあり、猫が屋根からトコトコ降りて来た。ホテルのマスコットのように可愛がられているようだった。

dalafloda_07.jpg
周りは湖と森だけでとても静かで落ち着く。
この辺りの家はみなファールンレッドの赤い木造の家で統一されていて、景色も美しい。
フィンランドに移住する前は毎年のように訪れていた、北カレリアの村をふと思い出し、もう何年も訪れていないな…と思った。カレリア地方はフィンランド人の原風景とよく言われているけれど、ダーラナ地方もスウェーデン人の心の故郷と言われているのがよく分かる気がした。

dalafloda_06.jpg


【“ダーラフローダ”の続きを読む】

2019.07.25 | スウェーデン

カール・ラーション・ゴーデン

今年の夏の旅は、6年ぶりにスウェーデンへ。車ごとフェリーに乗船して、ストックホルムから北西にひた走り、ずっと行ってみたかったダーラナ地方へ。

calg01.jpg
まずはじめに行ったのは、SundbornにあるCarl Larsson-gården(カール・ラーション・ゴーデン)。スウェーデンを代表する画家Carl Larssonのアトリエ兼住居が今も残されている。

calg02.jpg
邸内は撮影禁止のため、あとから写真で見ることが出来ないのは残念だけれど、この旅に出る前に偶然にもフィンランドの蚤の市でCarl Larssonの邸宅や子供たちを描いた絵本のフィンランド語版を古本で見つけていたので、それを後から眺めて余韻に浸っている。邸宅内を見るにはガイドツアーに必ず参加する必要があり、スウェーデン語での解説は言ってることがほとんど分からなかったので、先に見つけたフィンランド語版の絵本はかなり役にたった。

calg03.jpg
夫人のカーリンが手がけたというインテリアは、窓に嵌められたステンドグラスやランプ、自らデザインした椅子やテーブルなどの家具に至るまで、素朴な美しさの中に独創性もあり、とても素敵だった。

calg05.jpg
中でも手作りの刺繍たっぷりのクッションや手織り物、家具などにも描かれていたダーラナの伝統的な植物模様Kurbits(クールビッツ)が陶器製暖炉の表面のタイル一つ一つにもびっしりとハンドペイントで描かれていたりする所は、元はカーリンも夫と同じ画家だっただけあり、暮らしに根ざしたアートとクラフトにその才能が開花したようだった。

calg06_20190723015650362.jpg
いくつも小さな部屋がある昔の邸宅なのだけど、居間から窓辺に続く部屋は一段敷居を高くして変化をつけていたり、中には隠し部屋のような場所や来客の様子を二階から見下ろせる覗き窓があったりと、ちょっとしたカラクリ屋敷?のような作りも面白かった。各部屋のドアに子供達一人一人の肖像画が描かれていて、家族愛を感じた。
窓辺には植物の鉢が並び、織り機には織りかけのラグが掛かったままになっていて、今さっきまでそこで暮らしていたような気配が残してあり、当時のままに保存されている展示の仕方も素晴らしかった。

calg04.jpg
カール・ラーションは日本の美術にも大変関心が高かったようで、書斎には浮世絵や小さな観音菩薩の像が飾られていたのも印象深かった。19世紀頃なのに日本へ行ったことがあるのかと思ったら、以前留学していたパリから様々な東洋の骨董品などを取り寄せていたらしい。最後にまわったアトリエだけは、さすがに画家らしく邸内の中でもかなりの広さを占める大きな部屋で、イーゼルに掛けられたままの絵や壁一面の大きな作品は大迫力だった。

calg07.jpg
邸宅の周りの風景も昔とほとんど変わっていないのではないだろうかという感じで、ダーラナ地方特有のファールンレッドと呼ばれる銅を含んだ塗料で塗られた赤い壁の可愛らしい家と長閑な景色が広がっていた。

calg08.jpg

2019.07.23 | スウェーデン

ユハンヌス 野の花束

juhankim01.jpg

昨日はJuhannusu(ユハンヌス)夏至祭の前夜で、フィンランド各地の湖畔や海辺ではKokkoの篝火が炊かれ、夜半過ぎまでダンスをしたり歌ったり、クリスマスに次ぐ大切な行事のJuhannusuでは、森や野原で花を摘みブーケや花冠を作って夏の到来を祝います。

juhankim03.jpg

juhankim04.jpg

家の周りを散歩しながら摘んだ野の花で、私も小さな花束を作って、ささやかに夏至祭の気分を味わいました。

juhankim05.jpg

夏至の前夜は毎年荒れ模様で天気が悪いことが多いのだけど、珍しく昨夜は晴れていい天気でした。
午前零時近くでも白夜なので仄かに明るく、水辺の風景も美しい夜でした。

juhanny06.jpg


2019.06.22 | 草花木ノ実自然帖

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ