FC2ブログ

ダーラフローダ

ダーラナ地方に旅することがあったら、訪れてみたいと思っていたダーラフローダ村にあるプチホテル「Dala-Floda Värdshus」。念願叶って、今回泊まることができた。

dalafloda_01.jpg
ホテルの敷地内にはコテージが何棟か点在していて、食事は母屋にあるダイニングルームで食べる。

dalafloda_02.jpg
私たちが今回宿泊したファミリールームは離れにあり、その名も「フローダ」という名前の部屋で、民族博物館などで見かけるようなダーラナ地方で昔使われていた箱型の木製二段ベッドが2台移築されていて、伝統的な織物で作られたカーテン付きなのも雰囲気満天。

dalafloda_03.jpg
宿の中はあちこちにスウェーデンの古民芸、クールビッツ模様が描かれた家具、伝統的な手織物のタペストリーなどが置かれていて、北欧の手工芸やアンティークに興味がある人はかなりテンションが上がると思う。宿は近代的なホテルというよりも、古民家の宿という感じだ。

dalafloda_05.jpg
宿泊は朝食付きで、希望すればディナーも予約出来る。私たちは2晩とも予約した。スウェーデンで初めてオーガニック認定されたホテルらしく、地産の食材を使った料理は素朴だけれど滋味溢れ美味しかった。

dalafloda_09.jpg
朝食も手作りグラローラや北欧ではお馴染みの何種類かのヨーグルトやベリー類、パン、サラダなどの他に、養蜂までやっているらしく巣箱から取ってきた巣枠ごとテーブルに置かれていて、お皿に溜まっていた蜂蜜をスプーンですくってハーブティーに入れて飲んてみたら、あー美味しい!こういう演出もとても素敵だ。

dalafloda_04.jpg
オーナーのマダムが手作りしたドライフラワーを輪っかにぐるりと飾って吊り下げた燭台もとっても素敵で、自分でも作ってみたくなった。

dalafloda_08.jpg
丹精込めたホテルの庭もターシャの庭みたいで、手を入れすぎない野花のままの感じがとっても好み。リンゴの花の甘い匂いに誘われて散歩していると、猫が。ダイニングルームでディナーを待っている時にふと窓の外を見ると、猫のための外階段が取り付けてあり、猫が屋根からトコトコ降りて来た。ホテルのマスコットのように可愛がられているようだった。

dalafloda_07.jpg
周りは湖と森だけでとても静かで落ち着く。
この辺りの家はみなファールンレッドの赤い木造の家で統一されていて、景色も美しい。
フィンランドに移住する前は毎年のように訪れていた、北カレリアの村をふと思い出し、もう何年も訪れていないな…と思った。カレリア地方はフィンランド人の原風景とよく言われているけれど、ダーラナ地方もスウェーデン人の心の故郷と言われているのがよく分かる気がした。

dalafloda_06.jpg


【“ダーラフローダ”の続きを読む】

2019.07.25 | スウェーデン

カール・ラーション・ゴーデン

今年の夏の旅は、6年ぶりにスウェーデンへ。車ごとフェリーに乗船して、ストックホルムから北西にひた走り、ずっと行ってみたかったダーラナ地方へ。

calg01.jpg
まずはじめに行ったのは、SundbornにあるCarl Larsson-gården(カール・ラーション・ゴーデン)。スウェーデンを代表する画家Carl Larssonのアトリエ兼住居が今も残されている。

calg02.jpg
邸内は撮影禁止のため、あとから写真で見ることが出来ないのは残念だけれど、この旅に出る前に偶然にもフィンランドの蚤の市でCarl Larssonの邸宅や子供たちを描いた絵本のフィンランド語版を古本で見つけていたので、それを後から眺めて余韻に浸っている。邸宅内を見るにはガイドツアーに必ず参加する必要があり、スウェーデン語での解説は言ってることがほとんど分からなかったので、先に見つけたフィンランド語版の絵本はかなり役にたった。

calg03.jpg
夫人のカーリンが手がけたというインテリアは、窓に嵌められたステンドグラスやランプ、自らデザインした椅子やテーブルなどの家具に至るまで、素朴な美しさの中に独創性もあり、とても素敵だった。

calg05.jpg
中でも手作りの刺繍たっぷりのクッションや手織り物、家具などにも描かれていたダーラナの伝統的な植物模様Kurbits(クールビッツ)が陶器製暖炉の表面のタイル一つ一つにもびっしりとハンドペイントで描かれていたりする所は、元はカーリンも夫と同じ画家だっただけあり、暮らしに根ざしたアートとクラフトにその才能が開花したようだった。

calg06_20190723015650362.jpg
いくつも小さな部屋がある昔の邸宅なのだけど、居間から窓辺に続く部屋は一段敷居を高くして変化をつけていたり、中には隠し部屋のような場所や来客の様子を二階から見下ろせる覗き窓があったりと、ちょっとしたカラクリ屋敷?のような作りも面白かった。各部屋のドアに子供達一人一人の肖像画が描かれていて、家族愛を感じた。
窓辺には植物の鉢が並び、織り機には織りかけのラグが掛かったままになっていて、今さっきまでそこで暮らしていたような気配が残してあり、当時のままに保存されている展示の仕方も素晴らしかった。

calg04.jpg
カール・ラーションは日本の美術にも大変関心が高かったようで、書斎には浮世絵や小さな観音菩薩の像が飾られていたのも印象深かった。19世紀頃なのに日本へ行ったことがあるのかと思ったら、以前留学していたパリから様々な東洋の骨董品などを取り寄せていたらしい。最後にまわったアトリエだけは、さすがに画家らしく邸内の中でもかなりの広さを占める大きな部屋で、イーゼルに掛けられたままの絵や壁一面の大きな作品は大迫力だった。

calg07.jpg
邸宅の周りの風景も昔とほとんど変わっていないのではないだろうかという感じで、ダーラナ地方特有のファールンレッドと呼ばれる銅を含んだ塗料で塗られた赤い壁の可愛らしい家と長閑な景色が広がっていた。

calg08.jpg

2019.07.23 | スウェーデン

ユハンヌス 野の花束

juhankim01.jpg

昨日はJuhannusu(ユハンヌス)夏至祭の前夜で、フィンランド各地の湖畔や海辺ではKokkoの篝火が炊かれ、夜半過ぎまでダンスをしたり歌ったり、クリスマスに次ぐ大切な行事のJuhannusuでは、森や野原で花を摘みブーケや花冠を作って夏の到来を祝います。

juhankim03.jpg

juhankim04.jpg

家の周りを散歩しながら摘んだ野の花で、私も小さな花束を作って、ささやかに夏至祭の気分を味わいました。

juhankim05.jpg

夏至の前夜は毎年荒れ模様で天気が悪いことが多いのだけど、珍しく昨夜は晴れていい天気でした。
午前零時近くでも白夜なので仄かに明るく、水辺の風景も美しい夜でした。

juhanny06.jpg


2019.06.22 | 草花木ノ実自然帖

ライラックのシロップ

以前から試してみたかったライラックのシロップを作ってみた。

00.jpg

摘んできて熱湯につけている時は、けっこう香りが漂っていたけれど、少し煮てから漉して出来上がったシロップは、仄かにライラックの香りがする程度。沢山のライラックを生けておくと香りが強いので、自分にはこれくらいで丁度よく感じる。

02.jpg

冷やしてから、炭酸とレモン汁を垂らして飲んでみたら爽やかで、このところヘルシンキも暑い日が続いて部屋の中も蒸して汗ばんでグッタリする感じだったので、夏にぴったりの飲み物だと思った。
ネットでライラックのシロップで調べてもあまりレシピがなかったけれど、フィンランド語のSyreenisiirappiで検索してみると何件もヒットして、夏になると作って保存している人々もいるよう。シロップやコーディアルってけっこうどんな花からも出来るみたいですね。

03.jpg
04.jpg

カゴいっぱいにライラックを摘んで、洗ったあとに一つ一つ茎から花びらだけを取ってゆく作業は時間がかかるけれど、ライラックの香りを楽しみながら花びらが山盛りになってゆく様は、なかなかうっとりとして楽しいのだった。

05.jpg
06.jpg

来年は砂糖漬けも作ってみようかなと思う。


2019.06.08 | 草花木ノ実自然帖

10年ぶりの着物

フィンランドへ移住して早10年。日本から苦労して持って来た着物を着ることはほぼなく…本当に箪笥の肥やしとなり果てていたのが、やっと日の目を見た。先日、久しぶりに着物を着る機会があり、次はいつ着られるかわからないので記録としてここへ残します。

kimono201901.jpg

この日はとあるパーティへ出かけるので、色留袖に唐織の帯で。色留袖といっても紋は入っていないので、訪問着くらいの格。帯もたぶん丸帯を仕立て直したものなので名古屋。どちらも戦前のアンティークもので、ピーコックグリーンの着物の色は珍しいので探したもの。襟はビーズ半襟をかけて、バッグもヴィンテージのビーズ。帯締めは最初は金糸入りのを締めたけれど、改まり過ぎな気がしたので、結局アンティークの黒水晶の帯留に真田紐で落ち着いた。

kimono201903.jpg

うーん…年齢を考えると、もう少し抑えめの組み合わせの方がよかったとは思うけれど、フィンランドへ来るときにかなり処分してしまったので、もう小物や帯も合わせられるものがないのだった。さすがに10年前と同じようなコーディネートには無理があるよね…。

kimono201902.jpg

ずっと着ていなかったせいもあり、着付けもなかなか上手くきまらず。出産後太って体型が変わってしまったのもあり、帯も短くて困った。写真に撮ると客観的に着付けの注意点が分かる。それでも何度か練習しているうちに着物の楽しさが蘇って来て、ああ着物の世界はやっぱり楽しいなぁと思ったのだった。

kimono201904.jpg

でもまたなかなか着る機会はないだろうな…。


2019.02.12 | 日本を想う/福島を想う

お正月2019年

2019osechi.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もいつものおせちを作り、お正月を迎えました。

2019osechi02.jpg

昨年10月に一時帰国した際に久しぶりに行った救世軍バザーで見つけた、たち吉の遊魚とう名前の大きな角皿。その時はフィンランドに持ち帰る荷物がいっぱいで諦めたのだけど、お正月に使いたいなぁと思い、友人に無理を言って送ってもらいました。
藍一色で描かれた海老や魚の縁起の良い雰囲気の柄がいい感じ。夫も気に入ったようで、刺身にいい魚を買って来た時なんかに勝手に出して盛り付けている。

2019osechi03.jpg

数の子(Silakan mäti)を、よく行く魚介類の品揃えの良いスーパーで見つけて、さっそく購入。イクラやSiikaというコクチマスの卵はよく売られているのだけど、ニシンの卵は今まで売られているのを見かけたことがなかった。次の週に行ったら跡形もなく消えていたので、他にも買った人がいるのだろうか?
数の子が手に入ったので、福島のおせちに欠かせない数の子豆も作った。豆数の子とも言うようだけど、うちでは数の子豆と言っていたな。あおばた大豆が手に入らないので枝豆で代用。そして塩漬けの数の子の味だけで和えていた記憶なのだけど、レシピを調べると鰹出汁や醤油で味付けされていた。
冬馬は豆類が大好きなので、数の子豆もよく食べてくれた。黒豆は独り占めするほど好きで、汁も全部飲んでしまう。
殻付きの海老が見つからず、今回は皮をむいてあるのを購入。この方が食べるのは簡単だけど見栄えがしないというか…。年末はHummeriと呼ばれているロブスターがやたら売られていたが、かなり値が張るわりに身が少ないので買わなかった。
その年によって材料にも変動がある。今年は日本からあらかじめ、かんぴょうや昆布巻き用の昆布を送ってもらっていたので、また鮭の昆布巻きも作った。これも冬馬は気に入ったようで沢山食べてくれた。

元旦から毎朝、餅を焼いて安倍川餅ときなこに黒蜜をかけて冬馬と食べている。夫は餅が嫌いではないけれど、どこまで噛んで飲みこんだらいいのか困るらしい。おせちをわりと好き嫌いなく息子も夫も食べてくれるので、毎年作りがいがあるのはありがたいことだと言える。

数えてみたら昨年末で10年を迎えた当ブログですが、ここ数年すっかり更新がスローペースになってしまっています。今はお店の告知と兼用でインスタグラムをメインで更新しています。興味のある方はこちらもご覧ください。



2019.01.03 | 暮らし

節目の誕生日

papa5001.jpg

冬馬に続いて、先週は夫の誕生日。
フィンランドでは節目とされる0がつく年齢のとくに50歳の誕生日は盛大に祝う習慣があるけれど、夫はパーティーなどが苦手なので、とくにやる必要ないと言われていたので、いつものガトーショコラを焼いて、マカロンやベリー類を沢山のせてちょっと飾りを盛り盛りにしただけ。
夫の誕生日当日の夜に冬馬が突然熱を出して、よくなったと思ったら週末にまた具合が悪くなり、ワタワタしている間に過ぎていった…。そんなわけで、夫の誕生日もグダグダになってしまった。

papa5002.jpg

夫としては、夏休み中に大学時代の友達と、島にあるサマーハウスに野郎ばかり泊りがけで存分に飲んで騒いで祝ってもらったので、それでまぁまぁ満足なのかも。年に何度かは妻子も禁制の男ばかりで集まって、ドンチャン騒ぎをして発散しているので、ガス抜きになっていいのかもね。
それにしても、夫と同年代の友達はすでに成人している子供もいたりして、だいぶ我が家とは年齢が離れていることに今更ながら驚く…。
先は長いね…。お父さん頑張って!

ずっと観たかった「人生フルーツ」というドキュメンタリーをやっとみた。
ああいう風に歳を重ねる夫婦になりたいものだけど、それにはもっと夫を大切にしてあげないといかんなぁと、ちょっと反省した。


2018.09.25 | 暮らし

9歳の9ロール

syn01.jpg

冬馬9歳になりました。
今年の誕生日ケーキは、本人の希望でまた抹茶ロールケーキ。今年は小豆クリーム、栗かのこ乗せ。
あんまりやる気が出ず、気持ちの乱れが表れた結果、デコレーション失敗…。よく見ると生地も裏返すの忘れて、シワシワのまま巻いてるし…。
それでも栗かのこは、お正月に頂いた小布施の桜井甘精堂のもので、大きな栗がぼんぼん入っていて、すんごく食べ甲斐があり、見た目はヘロヘロだけど抹茶の生地と小豆クリームの組み合わせは文句なしに美味しかった。
で、冬馬に誕生日会はどうする?と聞いてみたら、今年はやらなくていいと。ついに誕生日会は卒業!ばんざい!と思ったら、来年の10歳は盛大にやりたいと…。まだ、やる気あるんだ…。
フィンランドでは0がつく誕生日は盛大にやる習慣があるしね…。

syn02.jpg

で、プレゼントも何も買ってない。本人もこれが欲しいというのが特にないようだし。
なんだかグダグダの9歳の誕生日でした。
大人になったってことかな…?
体もかなり大きくなり、足のサイズは私と同じ、もうすぐ身長も同じ。大きくなるの早いなぁ…。
でも、こんな大きな図体で、まだ膝にのってきたり、お母ちゃん抱っこ〜とやるんです…。
私から息子の体はみ出してるんですけど…。
男の子は甘えん坊ですね。

2018.09.20 | こども部屋

«  | HOME |  »

プロフィール

maco

Author:maco
3人と1匹フィンランドの日々
・söpö~日本での日々
・postimerkki
 ~切手蒐集の愉しみ

My flickr

maco-motion. Get yours at bighugelabs.com

リンク

北欧のアンティーク雑貨と手仕事の店 カスパイッカ
Instagram

月別アーカイブ